超入門編

【簡単図解】ブロックチェーンとは?いまさら聞けない3つの特徴と仕組み

この記事では、ブロックチェーンが持つ3つの特徴と仕組みについて、図解入りで解説していきます。最後に、ブロックチェーンの将来についての考察付きです。

「世の中のあり方を変える」「革命的!」と言われるブロックチェーン。しかし、何がスゴいのか良くわからないですよね。

特徴を知っている人も、結局ブロックチェーンの何がスゴいのか説明できますか?

一度この記事で復習しておきましょう!

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

ブロックチェーンの特徴と仕組み

特徴を紹介する前に、まずは前提となる仕組みについて説明します。

ブロックチェーンは、取引データが詰まったブロックが繋がっているものです。

このブロックは一定間隔で生成され、前のブロック情報を引き継いで繋がっていきます。

ビットコインの場合は、このブロックを繋げる作業を「マイニング(採掘)」といい、これを行う人を「マイナー(採掘者)」といいます。ブロックを繋げるための問題を、一番早く解いたマイナーには報酬が与えられます。

 

果たしてこの仕組みの何がすごいのでしょうか?

ブロックチェーンを、3つの大きな特徴としてまとめてみました。

ブロックチェーンの特徴

1.インターネット上で自由に価値の移転ができる

2.管理者不要で台帳をみんなで管理できる

3.匿名性があるが誰でも閲覧できる

では一つずつ説明していきますね。

特徴1.インターネット上で自由に価値の移転ができる

ビットコイン等のブロックチェーン資産は、紙幣のように実物が存在しません。インターネット上のみに存在するデジタル資産です。

インターネットさえあれば接続することができ、24時間365日動き続け、世界中どこにも境界のないボーダーレスな取引ができます。

しかも、仮想通貨の種類にもよりますが、手数料は数円~数十円でスピーディーに振込が可能です。特に海外送金などをしたことがある人は、この恩恵がわかるでしょう。

そしてこの取引は、管理者のいる第三者機関を通さず、P2P(ピアツーピア)で個人間のやり取りができます。

P2P(ピアツーピア)とは、peer-to-peerの略で、中央サーバを用意せず個々の端末(Peer)がお互いに信頼しあうことで成立するネットワークのことです。

 

P2Pで管理者がいないのに成り立つシステム

私たちが銀行や国を信頼してこそ成り立っていたものなのに、これまでの常識ではちょっと考えられないですよね。

それを実現するのが、「分散型台帳」の考え方です。

特徴2.管理者不要で台帳をみんなで管理できる(分散型台帳)

2つ目の特徴として、「管理者不要の分散型台帳」であることが言えます。ブロックチェーンは、例えるなら一つの巨大な台帳で、各ブロックはその台帳の1ページです。

ブロックチェーンでの取引では、ネットワークの参加者全員でそれを監視し、不正が起こらない仕組みを実現しています。特定の管理者に頼らなくても、ブロックチェーン資産のやり取りができます。

レイちゃん
レイちゃん
ネットワーク全員が参加するってどういうこと?なんでそれが不正が起こらないことに繋がるのかなぁ
かんた
かんた
誰でも参照可能な台帳を1か所で管理するのでなく、分散させることで不正ができない仕組みなんだ

 

台帳とは、特定の取引データを記録する帳簿です。円などの法定通貨であれば、入金や振込をする時には、それぞれの銀行が管理する台帳に書き込まなければなりません。

ブロックチェーンではこの帳簿が複数個あり、あらゆる場所に分散されていることから「分散型台帳」と言われます。そして、その台帳の1ページに取引情報が書かれる度に、分散された全ての台帳に対して共同で記帳されます。

この分散された台帳を管理するコンピューターを「ノード」※1といい、ブロックチェーンに接続する全てのデバイスがノードとなります。この全ノードがバックアップとなり、振込を行った記録の台帳は、どこかのデータが失われても統一性がなくなることはありません。

分散して管理されているため、システムの維持に必要な冗長化やバックアップさえ必要ないのです。

この仕組みを破るには、悪意をもった人が「9000を超える全てのフルノードに対して同時に改ざんを行う」か、「全てのデバイスを破壊する」しかありません。中々現実的ではないですよね。

※1 ノードには、「フルノード」「SVPノード」が存在します。

フルノードとは、ブロックチェーンの全データと同期されるため大容量です。取引の検証を行うノードとなります。

SVPノードとは、軽量ノードと言われ、自分と関連のあるデータのみを同期します。私たちが一般的に利用するウォレットがそれにあたります。

参考)ビットコインのフルノード数

レイちゃん
レイちゃん
けど、オープンな台帳だったら、私の資産が知られるのも気持ち悪いなぁ
かんた
かんた
そんなことはないよ。台帳はオープンだけど匿名性があるんだ

 

特徴3.匿名性があるが誰でも閲覧可能

3つめの特徴は、「匿名性」です。台帳は誰でも参照可能なオープンな状態ではありますが、ここに記帳されている内容には匿名性があります。

ブロックには、アドレスと取引記録が入っています。

そのアドレスと個人情報は結び付いていないので、他人のブロックチェーン資産がどれくらいか、誰と取引したかを知ることはできません。

アドレスの持ち主がわかれば、関連するすべての取引記録及び資産を見つけ出せますが、アドレスは一人で複数個持つことも可能です。

かんた
かんた

実際にブロックチェーンを覗いてみよう!
そのビットコインはどこへ?chainFlyerでブロックチェーン技術に触れる」で紹介しているよ

 

上記の例は、一番基本的な匿名性を持つビットコインの例です。

個人的には、ビットコインはマネーロンダリングを引き起こしていると批判する人もいますが、紙幣の方がよっぽど資金の流れを追うことが難しいと思います。

手渡ししたお金の情報が、どこかに記帳される訳でもないですからね。

仮想通貨取引所やオンラインショッピングのデータから、ビットコインアドレスと個人が結び付く可能性もあります。決して完全な匿名性を持ち合わせている訳ではないということです。

マネーロンダリングとは、麻薬や盗品売買、脱税などの犯罪行為で得た資金をよって得られた収益金の出所などを隠して、あたかも正当な手段で得た資金と見せかけることで、一般市場で使っても身元がばれないようにする行為です。

ちなみに匿名通貨と言われる、「モネロ(Monero)」、「ダッシュ(Dash)」、「ジーキャッシュ(Zcash)」のように、アドレスの持ち主がわかっても取引データがわからない通貨も存在します。

かんた
かんた
上記3通貨はコインチェックで取引できたけど、取り扱いが停止されるみたい。日本では仮想通貨をホワイトリスト化し、登録された通貨以外は取り扱いができないんだ

インセンティブ設計がすごい!

これらの特徴が、ブロックチェーンの技術が革命的で、社会の基本的な構造を大きく変えると言われる理由です。

しかしこのような素晴らしい思想で作られたブロックチェーンでも、不正が起きてはシステムとし成り立ちません。

じゃあ結局ブロックチェーンの何がスゴイのか

それは、立場の異なる者たちが自分の利益を優先した結果、個人間のネットワークでも上手く機能するインセンティブ設計としたところです。

各通貨のブロックチェーンは基本的に上記で紹介した特徴を持ちつつ、このインセンティブ設計が異なります。この設計に弱点があると、攻撃を受けたり、安全性が脅かされることになります。

数ある通貨のブロックチェーンの中でも、ビットコインは一番信頼性が高く、素晴らしいインセンティブ設計であると言えるでしょう。

 

まとめ:ブロックチェーンの将来を考える

どんな特定の機関も通さず、個人間で信用に基づいた価値の交換ができるってすごいですよね。

仮想通貨はビットコイン以外にも、基本的にこのブロックチェーンの技術が使われています。そして、この仕組みを応用し通貨という枠組みを超えて、様々なプロジェクトも立ち上がってきています。

しかし、「ブロックチェーンが凄い!」という言葉が独り歩きしているようにも感じます。何もかもがブロックチェーンによって改善される訳ではありません。場合によっては、中央の機関で管理した方が、よっぽど効率的で合理的なものもあります。

個人的には、ブロックチェーンが全てを変える新技術だとは思いませんが、ビットコインと一部の仮想通貨が、社会やお金のあり方を大きく変えていくのは間違いないと感じています。

 

そしてあなたも、その将来の見届け人となりませんか?

まずは仮想通貨の王様・ビットコインについて、「ビットコインは金!共通する4つの特徴と最大の魅力「価値の保存」とは」の記事で勉強してみましょう。

あわせて読みたい
ビットコインは金!共通する4つの特徴と最大の魅力「価値の保存」とは この記事では、ビットコインが持っている金にも似た「価値の保存」の性質と、それを活かした「おススメ投資法」について説明します。 ...

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です