超入門編

【図解】知らなきゃ損する仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いを比較

仮想通貨取引所内でビットコインを入手する際、「販売所」「取引所」があるのを知っていますか?

ちゃんと知っておかないと思わぬ損をすることもあるので、初心者の方はこの違いを理解しておきましょう。

レイちゃん
レイちゃん
そんな形態があるんだ。全部「取引所」だと思ってた
かんた
かんた
「取引所」という表現が一般的だけど、取引の形態で「販売所」というのも存在するんだ

 

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

「販売所」と「取引所」の違い

例えば、ビットフライヤーでは

ビットコイン → 販売所と取引所

アルトコイン → 販売所

で取引できます。アルトコインには「取引所」が存在しないのです。

アルトコインとは、ビットコイン以外の通貨です。

ビットコインの「alternative coin」(代替のコイン)を略したものになります。

 

決定的な違いは、「取引をする相手」が違います。

販売所は「ユーザー」「販売所(仮想通貨取引所)」、取引所は「ユーザー」「ユーザー」にて取引が行われます。

レイちゃん
レイちゃん
相手が違うのはわかったけど、何が違うの?
かんた
かんた
その違いを図解入りで詳しく説明していくね

 

仮想通貨の「販売所」とは

販売所は、ユーザーと販売所間で取引が行われます。取引価格を決めるのは「販売所」です

販売所からビットコインなどの価格が提示されるため、ユーザーによる希望購入価格の設定はできません。ユーザーは、希望数量のみを入力し売買できます。

また、いつでも欲しい量のビットコインを買ったり売ったりすることができます。操作も簡単で初心者向きだと言えるでしょう。

但し、販売時にはスプレッド(手数料)がかかり、取引所よりも割高であることが一般的です。

かんた
かんた
コインチェックのアプリでの売買は、「販売所」形態だね

 

 

仮想通貨の「取引所」とは

取引所では、ユーザー間で取引が行われます。取引価格を決めるのは「ユーザー」です。

ユーザー間の需要と供給がうまくマッチングすれば、取引が成立します。

上記のマッチングは、取引所が用意する板情報でリアルタイムで確認することができます。

板情報とは、取引したいユーザーが出した注文を価格順に並べた情報のことです。どの値段で売買注文がどのくらい出ているかを、一目で確認できます。

真ん中の値段(現在値)を挟んで、上に「売り」、下に「買い」の注文が値段毎に表示されています。

 

この板情報は誰でも見ることができますが、当然個人情報は特定できません。

逆に欲しいと思った価格で売ってくれる人がいないと、マッチングは不成立。売買は成立しないと言うことですね。

 

一般的には、「販売所」よりも「取引所」の方が安く売買が可能です。

レイちゃん
レイちゃん
違いはわかったよ!けどどれくらいコストは違うものなの?
かんた
かんた
じゃあ、ビットフライヤーの実際の画面を見て、違いを確認してみよう!

 

 

「販売所」と「取引所」の手数料を比較

販売所と取引所の手数料の違いを、ビットフライヤーのビットコイン取引で見てみましょう。

ビットフライヤーでのビットコインの売買は、「販売所」と「取引所」が存在します。

 

販売所の画面例

販売所が決定する売買価格が右上に表示されています。この価格で良ければ、ユーザーは数量のみを設定し、売買することができます。

この購入価格(買い)と売買価格(売り)の価格差をスプレッドといいます。

スプレッドとは「売値と買値の差」を表します。狭いほうが低コストと言えます。

 

取引所の画面例

販売所で紹介したタイミングと同時刻の取引所の画面です。

右側に出ているのが板情報で、緑色が売り情報、赤色が買い情報です。

 

ユーザーは数量と価格を設定し、売買します。設定した値で注文があれば売買は成立し、なければ自分の注文が板に反映されます。

この場合、取引所では赤枠の0.02BTCを1,009,810円で購入できますが、販売所では1,021,494円でしたね。この価格差があるため、一般的には取引所の方がお得に売買できると言えます。

 

但し、10BTCを買おうとした場合は違います。取引所の板情報で1,021,494円までの間に、10BTCの売り情報がなければ販売所の方がお得となる場合もあります。

レイちゃん
レイちゃん
大口取引の場合は、販売所の方が良い場合もあるんだね
かんた
かんた
そうなんだ。この仕組みを理解して使い分けていこう

 

板取引では流動性(参加者)が多くなければ、希望価格で取引できません。

これは覚えておきたいポイントですね。

取引所選びのポイントとして、流動性があるかは重要。流動性がなければ、希望価格での取引が成立しないことがあります。また、通貨によっても流動性が異なります。マイナーな通貨ほど流動性は低くなります。

 

まとめ:販売所と取引所の比較

販売所と取引所の違いを理解いただけだでしょうか。販売所での売買は簡単だけど、取引所の方が戦略的に希望の売買ができます。

私も最初はよくわからず「販売所」を利用していましたが、仕組みを理解してからは「取引所」のみを利用しています。

 

例えるなら、ぼくはクリーニング屋をイメージしています。

洋服をクリーニング屋に依頼すると、簡単ですがコストがかかります。自分で洗濯すれば、手間はかかるけどコストは安く済みますよね。

かんた
かんた
ん~、うまく例えられてる?
レイちゃん
レイちゃん
まぁなんとなく・・・徹底してコストを意識するなら自分で洗濯しろってことね

 

そして取引所に流動性は不可欠です。マッチング方式なのに、人が少なく売買ができないのは困りますよね。

ビットフライヤーは、国内の取引所でも一番の流動性があります。但し、取引所はビットコインのみです。

おすすめできる取引所ですので、まだ口座開設してない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ビットフライヤーbitflyerが選ばれる理由とメリット
ビットフライヤーがNo1である納得のメリット7選【bitFlyer】 みなさんビットフライヤー(bitFlyer)という会社を知っていますか? ビットフライヤーは、日本が世界に誇る仮想通貨取引...

 

他におすすめできるのは、Zaif(ザイフ)です。Zaifは全てのコインの板取引が可能です。

少しでも手数料を安く取引したい場合は、Zaifでの取引となるでしょう。

あわせて読みたい
zaifザイフの7つの登録メリットと納得の理由
Zaif(ザイフ)の7つの登録メリットと評判 この記事では、他の取引所と比べたZaif(ザイフ)のメリット・デメリットを解説します。そしてZaifを運営する「テックビューロ」...

 

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です