超入門編

価格の安い仮想通貨で一攫千金!初心者のあるある勘違い投資

仮想通貨の初心者は、ビットコインよりも安い通貨で一攫千金を狙いがちです。しかし、仮想通貨の「1コインの価格」「時価総額」の関係性について、ちゃんと理解しているでしょうか?

この関係性は、必ず押さえておくべきポイントです。単に「価格が安い」という理由だけで買っていると、思わぬ損をする可能性がありますよ。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

1コインあたりの価格はこんなにも違う

日本でも人気のある4つの仮想通貨の価格を比較してみます。

通貨(コイン) 価格(円建て)※おおよそ
ビットコイン(bitcoin) 820,000円
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash) 110,000円
リップル(Ripple) 68円
ネム(NEM) 29円

こんなにも違うんです。(2018/5/26現在)

レイちゃん
レイちゃん
100円以下の単価が安いNEMやリップルがビットコインの価格になると・・・1万倍以上の爆益じゃん!!!

・・・いや、これはあり得ません

「ビットコインを超えるなんてあり得ない」とか、「そこまでの将来性がない」とか、そういう理由ではないんです。(ファンの人は怒らないでね)

仮想通貨は、単純に1コインあたりでの「価格」では比較できません。それはそれぞれの通貨における「発行量」が全然違うからなのです。

コインによって発行量はバラバラ

それぞれの通貨には、「発行量」というものが存在します。すでに市場に出回っている通貨の総量です。

通貨(コイン) 発行量(現在の流通量)※おおよそ
ビットコイン(bitcoin) 1,700万枚 ※単位:BTC
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash) 1,700万枚 ※単位:BCH
リップル(Ripple) 290億枚 ※単位:XRP
ネム(NEM) 90億枚 ※単位:XEM

発行量も通貨によってこんなにも違うんです。

流通量が少ないほうが、希少価値があって1コインあたりの価格は高価になりやすいですよね。

ちなみに、ビットコインの発行上限は、2,100万BTCです。今後は約4年に1回のペースでマイニングで新規発行される量が半減していきます。2032年には約99%、2140年には全てのビットコインが市場に出回ります。

マイニングの意味がわからない人は、「ブロックチェーンとは?いまさら聞けない3つの特徴と仕組み」で、ブロックチェーンの基礎から復習しておきましょう!

あわせて読みたい
【簡単図解】ブロックチェーンとは?いまさら聞けない3つの特徴と仕組み この記事では、ブロックチェーンが持つ3つの特徴と仕組みについて、図解入りで解説していきます。最後に、ブロックチェーンの将来につい...

 

そしてビットコインは、発行量も発行時期も全てプログラミングされ、発行者も管理者もいません。

円なら日本銀行など、法定通貨は各国の中央銀行が発行していますよね。ビットコインは、国の金融政策に左右されることなく、量が増えすぎて価値が下がるといった心配はありません。

「時価総額」でコインの規模は決まる

「発行量」×「1コインあたりの価格」

=「時価総額」

「時価総額」が、その通貨の規模を示す指標です。単に1コインあたりの価格だけ比べても意味がありません。

上記の計算式から、時価総額を比較してみました。

通貨(コイン) 時価総額(発行量×価格)※おおよそ
ビットコイン(bitcoin) 14兆円 (1700万BTC×82万円)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash) 1.9兆円 (1700万BCH×11万円)
リップル(Ripple) 2.6兆円 (390億XRP×68円)
ネム(NEM) 2600億円 (90億XEM×29円)

リップルとビットコインキャッシュの比較が良い例です。BCHは、XRPの1,600倍(11万円÷68円)の価格ですが、時価総額はリップルの方が上ですよね。

上記はあくまで代表的な例です。

単純に基準となる通貨単位が違うものを、「価格が安いから買う」というのは、今後の値上がりを期待した投資判断にはなりません。

初心者がよく間違う、あるあるな「勘違い」です

 

レイちゃん
レイちゃん
価格が安いのは、上昇しやすいお得な通貨だと思ってたよ
かんた
かんた
一攫千金を狙いたいのもわかるけど、本質はそこじゃないんだ

時価総額ランキングは、コインマーケットキャップで確認することができます。「時価総額」や「値段」のところをポチっとすると並べ替えも可能です。

そして最近、「とても低い価格の草コイン」が話題になることがあります。大量の発行枚数で1コインあたり価格を超低価格にして割安感を出し、高騰を煽るやり方も目に付きます。こういうものには、手を出さない方が無難です。

草コインとは、海外でシットコイン(クソコイン)と言われていたのを、モナコインの伝道師でもある田中さんが「草コイン」と言い始めたのがキッカケで広まりました。何を解決するためでもない、目的もないコインが多く、限りなく詐欺に近いものも多数あります。

最近では、「時価総額の低いコイン」の意味として呼んでいる人もおり、定義があいまいになってきた印象です。

「ビットコインは高すぎるから買えない」も勘違い

「けどビットコインは高すぎるし、手が出せないよ~」って思ってる人は、ビットコインを買うには何十万円も必要だと思っていませんか?

国内の主要取引所における、ビットコインの最小取引単位です。

国内主要取引所 BTC最低取引単位 取り扱い通貨
ビットフライヤー(bitFlyer) 0.001 BTC BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、MONA、LSK
ザイフ(Zaif) 0.0001 BTC BTC、BCH、ETH、XEM、MONA
ビットバンク 0.0001 BTC BTC、BCH、ETH、ETC、XRP、LTC、MONA
コインエクスチェンジ(QUOINEX) 0.001 BTC BTC、BCH、ETH、XRP、XEM、LTC、QASH
GMOコイン 0.0001 BTC BTC、BCH、ETH、XRP、LTC
ビットポイント(BITPoint) 0.0001 BTC BTC、BCH、ETH、XRP、LTC
ビットトレード(BIT Trade) 0.0001 BTC BTC、BCH、ETH、XRP、LTC、MONA

※全て金融庁の仮想通貨交換業者の認定を受けた取引所です

かんた
かんた
取引所によって異なるけど、100円程度から買うことができるんだよ
レイちゃん
レイちゃん
これなら私も買うことができるわ

 

ちなみにビットコインはBTC(ビーティーシー)という単位が使われていますが、最小の単位はsatoshi(サトシ)です。0.00000001BTC(1satoshi)の小数点以下8桁まで分割することができます。

かんた
かんた
これはビットコインの創設者・ナカモトサトシからとられてるんだ

通貨の単位に日本人的な名前が使われてるって、ちょっと違和感ありますよね。笑

ビットコイン誕生の秘話に興味がある方は、「そのビットコインはどこへ?chainFlyerでブロックチェーン技術に触れる」の記事内でも紹介しています。是非ご覧ください。

けど・・・割安コインの方が買われやすい!?

とは言っても、安い価格帯の通貨の方が、なんとなく買いやすいですよね。

ぼくも通貨の価値は価格じゃないと頭ではわかっていますが、この気持ちは理解できます。笑

100万円が200万円になるより、1円が2円になる方が可能性が高く思えるんですよね。そんなこともあってか、割安コインに人気が集まる傾向はあります。

しかし、これは単なる数字のマジックです

 

そして実は、ビットコインには通貨単位が変わろうとする動きがあるんです。

通貨単位が「Bits」になってビットコインが1円に!?

現在ビットコインの通貨単位はBTC(ビーティーシー)が用いられていますが、これをBits(ビット)に変更しようとする動きがあります。

この案が採用されれば、1BTC=1,000,000 Bitsなので、ビットコイン(1Bits)が1円程度になります。つまり通貨の単位が、100万分の1になるということ。

これは、仮想通貨の「デノミネーション」です

デノミネーションとは、日本では「通貨単位を切り下げる」ことに使われることが多いです。ハイパーインフレが起こったジンバブエでは、2008年に100億分の1のデノミが実施されました。100億ジンバブエドルが、新1ジンバブエドルになったのです。 参考)Wikipedia デノミネーション

 

これも感じ方なんですが、ビットコインが「100万円」よりも「1円」の方が買いやすいですよね。この案が実現すれば、これまで「ビットコインは高すぎる」と拒絶反応を示していた人も、購入意欲がでるかもしれませんね。

参考)BIPに新たな提案、BTCからBits表記へ

 

当然ながら、単位がBitsなっても発行量が17兆Bitsとなるだけで、時価総額は変わりません。あなたがもっているビットコインの価値も変わりません。要は今の単位では使いにくいから、基準を変えるというだけです。

これも、単なる数字のマジックなんです

 

今後、仮想通貨の価値が上がり、取り扱いにくくなった通貨に「分割デノミブーム」がくるかもしれませんね。

かんた
かんた
ByteBall(バイトボール)にも、こういう動きがあると聞いたことがあるなぁ

まとめ:価格と時価総額の関係性

その通貨規模の指標は、「価格」ではなく「時価総額」で見るべきであり、必ず「発行量」とセットで考えましょう。

「発行量」×「1コインあたりの価格」

=「時価総額」

円とドルでもそうです。

1ドルあたり100円ちょっとですが、日本円の方がドルより「100倍の価値がある!」・・・とはならないですよね。単位の異なる数字の比較は何も意味がないのです。

ぼくは時価総額を参考にその通貨の将来性をイメージし、割安だと判断した場合に投資しています。

まずは、「ビットコインは金!共通する4つの特徴と最大の魅力「価値の保存」とは」の記事で、仮想通貨の王様・ビットコインの将来性をイメージしてみてください。

あわせて読みたい
ビットコインは金!共通する4つの特徴と最大の魅力「価値の保存」とは この記事では、ビットコインが持っている金にも似た「価値の保存」の性質と、それを活かした「おススメ投資法」について説明します。 ...

 

そしてビットコインの単位が変わるかもしれないという、面白い動きもあります。

もしこの案が通れば、「ビットコイン安いじゃん!」という勘違いが増えるはずです。その時は心理的な抵抗感がなくなって、新規参入者を呼び込むかもしれませんね。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です